不可解な体験、謎な話 『消えた弟』

スポンサーリンク

288 :237:01/11/19 23:16

幼稚園のころ、一歳違いの弟と近所の公園で遊び、家に帰る途中の出来事。

その日、なぜか弟は足がのろく、何度も先にいってしまいそうになった。

やがて自分と弟との距離は、50,100メートルとあいていった。道は長い直線。

母親に『弟を責任もって連れて帰ってきて、誘拐とかあると怖いから』と言われていたので、

自分は後ろを振り返り、弟の姿を確認しつつ歩いていたのだが、距離は不思議に広がるばかり。

ついに、その道を大きく曲がって、自分一人家に着いてしまった。

すると、テレビの前で弟がねっころがっているではないか。

状況が飲みこめず、もう一度長い直線の道までひき返したが、すでにそこには弟の姿はなかった。

川をはさんでいるので、弟が近回りしたとはとても思えない。心配してずっと見てたし。

だから、テレビの前の弟を、本当の弟だと考えることにした。

今考えれば、遊んでいた弟はどこにいってしまったのだろう。気になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました