不可解な体験、謎な話 『事故の記憶』

スポンサーリンク

279 :本当にあった怖い名無し:2009/03/13(金) 16:34:05 ID:MKeg6OsOO

28の時、ふと思い立って自動二輪の免許を取り、オフロードのバイクを新車で買った。

納車の日、バイク屋さんが自宅でバイクを開荷してる時、母親が後ろから見てて、

「また買ったの?今度は事故らないでね」と俺に言った。

えっ?と振り向くと、

「前にもこんな大きなバイク買って、事故起こして入院したじゃない」と母親が続ける。

その時俺も、似たようなオフ車で事故って、大腿骨骨折で一ヶ月入院したことを思い出した。

いやいやちょっと待て、俺は学生の頃は原付きのスクーターに乗ってたものの、

社会人になって車にしか乗ってなかったハズだ。

二輪の免許取るまで、バイクのギア・クラッチの使い方すら知らなかったし、

こんな大きなオフ車になんか乗った事もない。

「それっていつのことだっけ?」

母親に返してみたら、母親もあれ?って感じの表情。

その日の夜、もう一度母親と話し合ったが、どうにも釈然としない。

俺も母も、俺の事故の記憶があり、入院の記憶もある。

しかし、どう考えても時期もハッキリしないし、免許を持っていなかったから、乗るハズがない。

母親の方も俺が事故った日、仕事が休みで俺の事故の報せを受け、

入院用の荷物を病院まで持ってきた覚えはあるが、妙に記憶が曖昧だと言う。

そこへ弟が仕事から帰ってきた。

弟は県外の高校へ行き、そっちで就職し、三年前父が他界したとき帰ってきて、地元で再就職。

弟が覚えていたら、事故は三年以内の出来事のハズ。果たして弟も覚えていた。

「見舞いに来たやん」と呆れる弟に、「どこの病院だった?」と聞くと、黙り込んでしまった。

記憶としての事故はあるのだが、事実としての事故がない。

しかも、家族全員どころか会社の記録さえ、

俺はひと月休んだハズなのに、タイムカードは休んだことになってない。

バイクで出勤すると、皆が「またバイク買ったの?また事故るなよ」と声を掛けてくる。

仲の良い社員数名と上司に聞いても、皆同じく俺の事故と入院と見舞いの記憶があるのに、

いつ、どこの病院という記憶がないのだ。

ここまでくると俺が事故りそうな話なんだが、まぁそんな事もなく、それから10年がたつ。

今は結婚もして、バイクは売って車しか乗ってない。

あの時の事は未だに不可解。

287 :本当にあった怖い名無し:2009/03/13(金) 22:10:41 ID:KhqTtNXt0

>>279

自分→原付きのスクーターで事故。頭も打った。

周り→原付をバイクと混同。

これで解決だ。

292 :本当にあった怖い名無し:2009/03/14(土) 03:58:24 ID:a+DISFD3O

>>287

うーん。その可能性も考えたけど、一番証拠になる俺の足の傷がない。

記憶では、大腿骨を固定するためのボルトを入れたから、足に傷がないとおかしい。

次に考えた可能性は、入院したのが俺でなく別人の可能性。

しかしそれだと、例えば会社の誰かが入院したのなら、母親や弟が見舞いに行くハズがない。

例えば弟が入院したのなら、会社の人間が見舞いに行く事はない。

実はさらに、友人数名も俺の事故の事を覚えてた。やっぱり事故ったのは俺なのだ。

あと、大学を卒業して就職が決まったとき、友人の父親がワーゲンコレクターで、

お祝いに一台貰ったのが、俺の車人生の始まり。

だから会社の人間は、俺がスクーターに乗ってた事を知らない。

294 :本当にあった怖い名無し:2009/03/14(土) 07:21:32 ID:D4dNbHDb0

>>292

推理

>>279の大親友がバイクで事故った。

その人は>>279の家族全員から好かれていたため、皆でお見舞いに行った。

その記憶が混同している。

また、就職してから上司や同僚がいるところで、

「事故って怖いですよね~、こういうことがありまして」

と話しをしたら、皆が自分の知人にお見舞いに行った記憶に結びついた。

んなこたーないか?

299 :298:2009/03/14(土) 13:05:08 ID:U1btfoxXO

>>292

入院したとき、医療保険等の請求した?

あと、そういう時は会社に高額医療控除の書類を提出するはずだから、

なにがしかの書類は残ってるはずだよ。

310 :本当にあった怖い名無し:2009/03/15(日) 04:51:45 ID:IF5d8BW9O

>>294

俺もその可能性(別人が事故ったのを勘違いしてる)が一番強いと思ってたんだけど、

手術とリハビリのリアルな記憶があるんだよ。

別人ならそれがないと思うんだよね。

バイクに乗ろうと思ったのは、ある日夢で大きなバイク(オフ車ね)に乗ってる夢で、

バイクの爽快感が妙に忘れられなかったから。

大会に出るとかじゃなく、野山の道なき道をガンガン走り回りたかったから。

>>299

その辺が母親の記憶が曖昧な部分。

それにウチは馴染みの保険屋がいて、必ず任意保険にも入る。

そう言えばその保険屋は、俺の事故に関しては何も言わなかった。

会社には入院するような事故や大病で休んでも、3ヶ月は給料がでる制度があるが、

経理の一人が、俺がバイクで出勤した日に俺の事故と入院を思い出して、

しかし、上記の制度を利用した人間が一人もいない事に矛盾を感じたらしく、

俺が尋ねるより先に、

「○○(俺)さんは事故って入院したことありませんよね?おれの勘違いかな?」

と言って、俺の入社時からの資料を見せてくれた。

そこで、縮小コピーされたタイムカード等を確認した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました