不可解な体験、謎な話 『一瞬目を離した隙に持ち物が無くなる』

スポンサーリンク

91 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/09/13(水) 00:55:10.42 ID:22jpfhvc0.net

私はいつも指輪をしているのですが、

その時は手が荒れていたのでハンドクリームを塗るために一度指輪を外して、テーブルの上に置いたんです。

そしてクリームを塗り終わって、さぁ指輪をつけようとテーブルを見たら指輪が無くなっていたんです…

ほんの2、3分の間に…間違いなくテーブルの上に置いたのに…。

私は一生懸命探したのですが、私の部屋はとても物が少なく(友達が殺風景な部屋だと言うくらいです)

どこかにあったらすぐに気がつくはずなのに、結局見つからなかったのです。

がっくりしてあきらめた時、ふと昔読んだ絵本を思い出しました。

それは『ある家の床下に小人が住んでいて、住人の持ち物をこっそり盗んでいく』という話だったのですが、

それを思い出した私は「まさか小人が盗んだんじゃないでしょうね(笑)」なんて思って、

冗談で「ふざけんな!! 私の指輪返せ!!」と怒鳴りました(近所の人が聞いたらびっくりしただろうな…)。

すると私の後ろから、

「チリン…」

振り向くと、私の2メートルほど後ろにある襖の前に指輪が落ちていました。

いくらなんでもあんな所に置くはず無いし、

探している時に気付かずに蹴っ飛ばしたにしては、襖に当たるまでの時間差がありえません…。

その時は妙な事もあるもんだと思うだけで終わったのですが、

これ以降「一瞬目を離した隙に持ち物が無くなる」という事が度々起こるようになり、

やはり「怒鳴ったり大声を出すといつの間にか離れた床に落ちている」のです。

この事を弟に話したら大爆笑されました。

が、しばらくしたある日、二人で夕食を食べていた時に突然弟が「姉ちゃんの言った通りだった…」。

私「何が~?」

弟「さっき部屋で美術の作品の仕上げしてたんだけど、さっきまで使ってた青の絵の具が箱に入ってなくて…

 探したけど見つからないから…姉ちゃんが言ってた事思い出して、

 『盗んだ奴がいたら許さねぇ!』って言ったら、

 タンスの前に誰かが転がしたみたいにコロコロって転がってた…」

私「…」

まさか家に小人がいるとは思ってませんが…

ただ単に私達兄弟がうっかり者なだけかもしれません(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました