不可解な体験、謎な話 『信号待ち』

スポンサーリンク

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 19:13

これは先週の日曜日の、昼間の話です。

ちょっとした用事があり、自宅から1時間程離れた埼玉県の川越市に、バイクで出掛けました。

風も無く、とても良い天気でしたので、気分よく走ることができました。

ところが、目的地に着く間近で、ちょっと道に迷ってしまったのです。

まあ、道に迷ったと言っても市街地ですし、大まかな土地鑑はありましたので、

適当に走っていれば近くに行けるだろうと、のんびり走っていました。

10分程走った所、狭い道(車がぎりぎりすれ違える位)に出ました。

道が狭いのですが、割と交通量があり、ちょうど地元の人が使う抜け道のようです。

その道の途中で赤信号に引っかかりました。信号待ちの車の列は約10台。

すり抜けて列の先頭に出るには道幅が狭く、私のバイクは列の最後尾で停止しました。

停止車両の列の中程、5台目付近に佐川急便のトラックがいました。

今から思うと不思議なのですが、そのトラックが目に入った時、一瞬、嫌な胸騒ぎがしました。

691 :690:02/04/03 19:15

信号が青に変わり、先頭の車から順々に発進して行きます。

青信号の間隔が短そうだったので、もう一回信号待ちかなと思いつつ、前の車が発進するのを待っていました。

その時、おかしなことが起こりました。

佐川急便のトラックが、前の車が発進したにもかかわらず全く動かないのです。

はじめは、ぼーっとしてるな位に思っていましたが、1分、2分たっても動きません。

今から思うと不思議なのですが、後ろで待っている車もクラクションひとつ鳴らさず、おとなしく待っているのです。

とうとう前方の信号がまた赤になってしまいました。

佐川急便のトラックの前には、自動車4台分のスペースが空いたままです。

もしかしてあのトラックのドライバーは、車をあそこに止めて、何処かに荷物を届けに行ってるのかも知れない。

それに、いつまでもここで待っている訳にも行かないし。

そう思った私は、対向車が来ないことを確認し、対向車線にはみ出しながら車の列を抜きにかかりました。

たいした距離でもないので、ゆっくりと一台ずつ抜いていきます。

一番最後に、問題の佐川急便のトラックの所にさしかかりました。

気になったので、トラックの運転席をひょいと覗き込みました。

692 :690:02/04/03 19:16

「うわーっ!!」

思わず叫んでいました。

その時私の姿を見たら、バイクに乗ったまま20センチ位、本当にのけぞっていたと思います。

「死んでる・・・」

無人と思っていたトラックの運転席に、ドライバーはいたのです。

両手をハンドルとダッシュボードに投げ出し、上半身を突っ伏していました。

顔はハンドルにもたれたまま、私の方を向いています。

詳しく調べた訳でもないのに、死んでいると思ったのは無理もありません。

顔面は真っ白で、両目とも白目をむいてます。口は開いたまま、舌がはみ出していました。

目に見える血液や外傷はなかったので、ちょうど今、心臓発作で死んでしまったように見えます。

日曜日の真昼間に、まさかこんな光景を見るとは夢にも思わなかったので、

0.5秒位、本当に頭の中が真っ白になりました。

とはいうものの、何とか自分を取り戻し、ようやく回り始めた頭で考えました。

心臓発作かなんかかな。こういうことってあるんだな。

とにかく後ろの車のドライバーに知らせて、救急車とパトカーを呼ばないと。

693 :690:02/04/03 19:17

とにかくトラックの前に出て、バイクを路肩に止めました。

改めて後ろを振り返った時、

「えっ・・・」

私は、自分の気が変になったのではと、本気で思いました。

佐川急便のトラックが、何事もなかったかのように動き始めているのです。

フロントガラス越しに見えるドライバーは、先程のドライバーと同一人物ですが、

表情はいたって普通の元気なお兄ちゃんなのです。

呆然とバイクの脇に立ち尽くす私の横を、佐川急便のトラックを先頭に、

これまで止まっていた車が次々と走り去っていきます。

以上でこの話は終わりです。

これは一体何だったのでしょうか?

こちらを向いている凄絶な死顔が、今でも頭から離れないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました