不可解な体験、謎な話 『何故か無性に食べたい』

スポンサーリンク

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:01/12/06 03:42

怖い話では無いんですが、不思議な体験。

無性に普段食べないモノを食べたくなる時ってありますよね?

学生の頃、深夜のコンビニでアルバイトをしていました。

仕事も一通り終わり休憩していると、なぜーか無性に“おはぎ”が食べたくなりました。

「うちの店に、おはぎって置いてたっけ~?」とお店中を探してみたんですが、残念ながらありませんでした。

普通はそれで諦めるんですが、その日に限って“食べたい心”がおさまりません。

どーしてもおはぎが食べたかった僕は、お店にあった大福からアンコを取りだし、

弁当コーナーにあったライスの上に乗っけて食べました。(そこまでして食べたかったんです!)

しかし、あくまでも応急処置なこの方法、僕の“おはぎ食べたい心”を抑えるまでには至らず、

「おはぎ食いてー」と、イライラしながら仕事をしていました。

そして、そんな気分のまま朝になり、交代のパートのおばさんがやって来ました。

おばさんは開口1番、

「旅行のお土産で買ってきたから、食べてね」と、お土産の包みを渡してくれました。

その包みを開けてみると、なんと中から“おはぎ”が!

ナゼかわかりませんが、その時ポロポロと涙が出て来てしまいました。

20歳にもなって、おはぎで泣くとは思いませんでしたが(笑)

ちょっぴり不思議な体験でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました