死ぬ程洒落にならない怖い話 『菓子を差し出してくる』

スポンサーリンク

493 :本当にあった怖い名無し:2023/08/16(水) 23:26:34.63 ID:V96b9oCV0

おそらく心霊系では無いんだけど、めちゃくちゃ怖い思いしたから初投下。ちょっと長いかも、読みにくかったら申し訳ない

つい先日、友人と映画を見に行った帰りに変な女に会った話

その日はレイトショーで映画を見てて、最寄りの駅に着いたのは22時半頃だった。友人がそのまま家に泊まるって言い出したから、食料調達がてら2人ですぐそばのコンビニに寄った。コンビニ前は塾帰りっぽい少年が5、6人たむろしてて、まあまあ騒がしかった。その脇通り過ぎて、朝飯と適当に酒とかつまみも買って退店。多分15分もかからなかったと思う。

そしたら外がなんか異様に静かで、いつの間にか少年たちも居なくなってた

「浴衣綺麗ですね〜お祭り帰りですか?」

一歩踏み出した時、真横から声をかけられた(友人は普段着が和服なんで、その日は浴衣を着ていた)

振り返ったらピンクのポロシャツ着た女が立ってて、「よかったら、どうぞ」って個包装のチョコ?みたいなの差し出してきた

その時点で変な奴だなって思ったけど、最寄りの周辺はそういうの多かったから適当にあしらおうとしたら、「いやいいですいいです!いらないです」って友人が食い気味に否定した

普段はもっとおっとりした奴だったから、変わりようにびびった。自分もいっしょになって、結構ですーみたいな感じでできるだけ穏便に断った

でも女も引かなくて、「どうぞ、どうぞ」ってこっちに渡そうとしてくる

「お友達ですか?カッコイイですね!よかったらあげます、もらってください」

「浴衣綺麗ですね〜お祭り帰りですかぁ?」

「よかったらどうぞ、あげます」

「お友達ですか?よかったらあげます」

女はずっとNPCの会話みたいに、同じことを繰り返しながら菓子を片手に差し出してくる。友人は完全に顔面蒼白で立ち尽くしてて、帯の中に菓子ねじ込まれそうになってた。

494 :本当にあった怖い名無し:2023/08/16(水) 23:27:05.39 ID:V96b9oCV0

その手をとって小走りで逃げたんだけど、女も真横について追ってくる。マジで生きた心地しなかったし、周りには自分ら以外誰もいない。刃物とか隠し持ってたらどうしようとか、警察呼ぶべきかとかそればっか考えてた

20mくらい進んだところで、ちょうど街灯の下に出た。そこで初めて女の顔を見て、ぞっとした

細い目をにたぁって絵に描いたような笑顔の形にしてて、口なんか口角どうなってんだってくらい釣り上げたやばい顔してたんだよ。女の能面をMAXまで笑顔にした感じって言ったらいいのか、とりあえずパーツの可動域がおかしかった

「あげます!!あげます!!!もらって!ください!!!!」

女は笑顔能面フェイスのまま、いよいよ金切り声で叫び始めて、自分は友人の手掴んだままガチダッシュで逃げた

走り出したのとほとんど同じタイミングで能面女も走り出す。でも、さっきの顔が嘘みたいに真顔だった。やばいって思ったんだけど、女はこっちに見向きもしないまま、真横走り抜けてった

すぐ近くの居酒屋に入ったっぽかった。こっちはもう本気で追いかけられると思って一心不乱で、その居酒屋の前駆け抜けたから確かなことは分からん

ただ、背後から「これ!あげます!!」って聞こえたから、たぶん居酒屋の店員にも同じことしてたんだと思う。あの笑顔で

それから家に着くまで二人でがたがた震えながら帰った。夜道を何度も振り返った。物音するたびあのポロシャツきた能面女が出てくるんじゃないかって、大の大人二人でビビりまくった

顔面蒼白だった友人は自分より何倍も怯えてたけど、駅から離れたら落ち着いてたとおもう

とりあえず、自分が会った女の話はこれで終わりなんだけど、その女の正体?っていうか別の被害を友人が話してくれたから、それも載せとく

駅の騒動からなんとか逃げ、自宅に着いて戸締りしたあと、友人がすごい深刻な顔になって

「お前さっきのお菓子貰ってないよな」って聞いてきた

「貰ってない。かばんにも入れられてなかったし。てか何?あいつ知り合いなの?」

友人の怯え方は尋常じゃなかったし、ずっと気になったから聞いてみた。友人は「知ってる人だけど、知り合いではない」って首を振った

495 :本当にあった怖い名無し:2023/08/16(水) 23:27:36.10 ID:V96b9oCV0

話によると、以前勤めていた飲食店で同じ女に会ったことがあるらしい。その時は、ただの菓子を差し出してくる変な人で、誰も相手にしてなかった。でも、ある日同僚のAさんがその菓子を受け取ったそうだ

その日から女は、菓子を貰ってくれた同僚1人にターゲットを絞り始めた。渡すものが個包装の菓子ひとつから、ひと袋丸ごと、ケーキ一切れ、ホールケーキ1つって進化してった

さすがにホールケーキ丸ごと渡されたAさんは怖くなって断ったらしいけど、そうしたら今度は手紙を渡してくるようになった

その頃になるとAさんも完全に怖がって、その女が来店すると皆口を揃えて「Aは休みです」って言って追い返していた。

それでも女はめげずに毎日毎日店に通って、「Aさんいますか?この手紙、Aさんに渡してください」ってやってたらしい。貰ってもすぐ捨ててたみたいだから内容は友人も知らないそう

そうやって顔を合わせない日々が続くと、女はぱったりと来なくなった。ほどなくして友人もその店を辞めたから、今回の邂逅は中々肝が冷えたらしい。最寄り駅は電車の終点でもあるから、元の拠点(友人が勤めてた飲食店周辺)から流れ着いてきたと思われる

「向こうも覚えてなかったっぽいから良かったけど…マジ次会っても何も貰うな。付け回されるぞ」

その晩ずっと友人には念を押された。あの能面顔について話したかったけど、「ちゃんと見たことない」と一蹴されたし、友人はそれ以上はもう話したくないみたいだった。だから、これで本当にその女の話は終わり

女の奇行については、たぶん精神的にイッちゃってる人か、知的な何か持ってる人だろうって事になったけど、自分はもっと違うものの気がしてならない

本当に怖い顔だった。見間違いと言われればそれまでなんだけど、あんなに口角上がって、文字通り弧を描いた目元なんて人間には出来ないよ。未だに思い出すし、駅に行くのもまだ怖い。これ書くために能面の画像ググッたけど、それだけで動悸がした。人間の顔じゃなかった

何も受け取らなければ害はないのかもしれないけれど、本当にもう二度と会いたくない

コメント

タイトルとURLをコピーしました