死ぬ程洒落にならない怖い話 『孵化』

スポンサーリンク

373 :1/5:2006/05/05(金) 20:02:59 ID:tqa7unpK0

久米と旅行に行ったのは、三月の終り近くだった。

新学期になる前に行っちゃおうってんで、無理して予定を組んだものだ。

「あんま観光地らしいとこ行きたくねぇなぁ」等と言うものだから、街から少し遠い山間の宿になった。

宿の傍には川が流れ、その川を下っていくと街に出る。

とはいえ、街に出て何があると言うわけでもないので、俺達はぶらぶらしたり温泉を探したりして1日を潰した。

山間の日は傾くのが早いか、既に道も空も赤々と燃え立つようだった。

俺達は川べりを歩き、橋の上から赤錆色の川を眺めていた。

「おはっ、アレは、おい……うぇ」

久米が奇声を上げて指差したので、俺はつられて川上を見た。

「なんだ。箱……舟……?」

それは四角い箱の様な物に乗せられた、2体の人形だった。

俺は川べりに向い、その舟を迎え入れる様にして、手を伸ばした瞬間、

「バカッ!触るな!」と、怒号とともに引き摺り倒された。

「な、なにしやがんだよ!くそっ!濡れちまったじゃないか」

「冗談じゃないぞ、馬鹿!!……何考えてんだ、お前……」

久米は胸を大きく上下させる、その顔は青かった。

374 :2/5:2006/05/05(金) 20:03:30 ID:tqa7unpK0

「なんだよ、どうしたんだ」

「今日は何日だ?」

「は?今日?27じゃないか?」

久米は逆算する様に指折ると、ハッとして顔を上げた。

「いぃぃ……やっぱり……重用だ……」

俺は彼の動揺をよそに、川に目を落した。人形の舟はゆるゆると川を下っていった。

「アレがどうかしたのか?」

「なに?どう?どうもこうもあるか!」

ちょっと息を止めてからゆっくり吐いて、

「あぁ……へ、へ、へっ……あれはヤバいっつんだよ」

と言って、さっさと背を向けて歩いていく。

俺はそれを追いながら問いかけたが、芳しい答えはかえってこなかった。

「あ~、かわい~」

はしゃいだ女の声だった。久米は跳ねる様に振り返ると、凍り付いた。

カップルがその舟を抱えてニコニコと笑っていた。

固まった俺達の気も知らないで、二人は笑って会釈した。

375 :3/5:2006/05/05(金) 20:04:00 ID:tqa7unpK0

「やっぱりぃ、日本の心みたいな、風情みたいなのがあるじゃないですかぁ」

等と、自称日本好きの二人が、固まりきった俺達に話し掛けて来たが、

久米は明らかに不快そうな顔をしていたので、代りに俺が受け答えをした。

「えぇ~、二人とも宿一緒じゃないですかァ~」と男が言った。久米は増々不快そうな顔をした。

宿へ着いた後も、久米はしかめ面のままだった。

「おまえ、ほんとにどうしたんだよ」

「あ……?話は、な、帰りにしてやるよ、な。今は言いたくない……。それよりメシだ。メシ食う」

籐椅子をバンと叩いて立ち上がると、食堂まで駆ける様に歩いていった。

出された夕食はたいしたものではなかったが、何故かイナゴという下手物が入っていた。

「俺はコレ、食えないな」

「いいじゃねぇかよ。腹に入りゃ……」と話していると、

「あ~」という声。

なんだ?と思って振仰ぐと、さっきのバカップルが立っていた。

ニコニコと俺達の横に席を取ると、べらべらと喋りながら次々に料理を口に運んだ。

イナゴも平気そうに口へ運ぶ。何故かその時、その様がえらくゆっくりと見えた。

そのイナゴは腹が白かった。白ゴマの様なものが和えてあって……

うっ、と久米がえずいて席を立った。

俺もそれを追って席を立ち、彼を介抱しながら部屋へ向った。

「おい……お前、あれ見たか?」

「あれって、あの白いやつか?」

「ありゃ卵だ……」

イナゴの腹に付いている……ビッシリとくっ付いていたのは……

「違う、お前。見えてなかったんだな……あいつらの料理、どれもこれも表面真っ白だったじゃねぇか……。

 皿の上一面、卵で覆われてたじゃねぇかよ……」

376 :4/5:2006/05/05(金) 20:05:15 ID:tqa7unpK0

部屋に着くと、彼は青い顔で倒れ込んだ。

「なぁ、そろそろ教えちゃくれないか?」

「うん、ああ……今日はひな祭りだ……」

「え?」

「重用だ。上巳だったんだなぁ……クソッ、忘れてた……」

「何言ってんだよ?3日はもう過ぎてるぜ?」

「陰暦の3日だよ、今日は。重用ってのは、月と日が重なる日の事。とくに奇数月」

「でも、ひな祭りっつったって、別に舟で流しゃしないだろ。寺山修司じゃあるまいし」

「流すんだよ」

「なんで?」

「……いいか。雛祭は女の子が人形を飾る祭じゃないんだ。祭と言うのは“神奉り”。人形は形代、憑坐だ。

 しかも春の節供だ。季節の変わり目。穢れを払って、新しい春を迎えなければならない。

 だから人形に穢れを移し、荒魂を流し、和魂を呼び込む。あの人形はそういう人形なんだよ」

「つまり?」

「鬼ごっこと一緒。人形にタッチして禍いを移して、異界に流す。村の外に出てたらもう帰ってこないからな。

 つまり、あの人形に触ると……そいつが鬼になっちゃうんだよ。禍いが移されるんだ。

 ……普段、この地方ではやらない様だからな……余程、流さねばならない禍があったんだろう」

「あ、あのカップルは……」

「さぁな?境を越えたら……どうなることやら……」

で、翌朝。

彼等と帰りのバスではち合わせた久米は、瞠目して固まり、俺に耳打ちした。

「あのバカップル……顔……あるか?」

377 :5/5 お粗末様でした:2006/05/05(金) 20:06:06 ID:tqa7unpK0

チラと見ると、確かに顔はあるが、どことなく白んでいてぼやけているような気がする。

「真っ白だ」

「え?」

「見えねぇ、冗談じゃねぇよ」

彼にはカップルの顔は見えないらしい。俺には良くわからなかった。

俺達に気付いたカップルは会釈をして、バスに乗り込んだ。俺達は彼等の後ろの席に座った。

「ひぃ、ふぅ、みぃ、よ、いぃ、むぅ、なぁ、や、こぉこぉの、たり……」

と数えながら、久米は一から十までをピラミッド上に書き、その紙をポケットに入れた。

バスはゆらゆらと山道を下っていって、俺達はいつの間にか町に入って、はずれまで出ようとしていた。

突然、久米が俺の腕を引いて立ち上がり、降車のボタンを押す。

せわしなく動きながら早くしろと合図するので、俺はどかどかとバスを降りた。

「なんだよ、もう!」

「孵りやがった!」

久米はポケットに手を突っ込んで、行こうとしているバスを見つめた。

「かえる?なにが!?」

「境を越えたんだ。あの卵、長いのを孵しやがった」

「だから、なにが!!」

「卵だよ、卵!顔が見えねぇっつったろうが!やつら顔一面に、びっしりと白い卵が植え付けられてた!

 それが、おまえ一斉にな。顔から動く毛がはえたみたいに一斉に……長いのが孵りやがった」

「まさか」

と俺がバスに目をやると、バスが動きだして、チラリとその女の顔が寝返りをうった。

顔は腫上がって真っ赤だった。小さいニキビの様なものが隙間なくプツプツと湧いていた。

俺達は行くバスを見送って立ち尽くした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました