死ぬ程洒落にならない怖い話 『皮膚剥離』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

63 :コピペ:2008/12/21(日) 08:29:10 ID:no8bsVWt0

201:本当にあった怖い名無し:2008/05/14(水) 22:26:38 ID:0CAI4x1kO

二か月前にまで病院に勤めてました。

病院って、やっぱり食事の制限とかかなり厳しいんですよね。特に糖尿病の人とかは。

家族からの差し入れや売店での買い物も駄目なんですけど、やっぱり人間だからお腹は減るんですよね。

でもご飯は味が薄いし少ないしで、とてもじゃないけどお腹は膨れません。

糖尿病と痴呆で入院してた今井さんてお爺さんも、そんなひとりでした。

毎日毎日、「お腹空いた。何か食べるものない?」とナースステーションに来て、

職員が説明しても「お腹空いたよひもじいよ」と泣き出す始末。正直困っていました。

でも、あるときから急にそれがパッタリ無くなって、我々職員もかなり驚いていました。

それと同時に「やっと解放された」と安心もしました。

ですが、数週間後の夜勤のとき、職員のひとりが真っ青になってナースステーションに飛び込んで来た事で、

大変なことがわかりました。

「今井さんが!佐野さんの腕を!」

慌てて見に行くと、寝たきりの患者さんの腕の皮膚が破れていました。

そして、傍らに皮膚のかけらを舐めている今井さんがいたのです。

どうりで最近、患者さんの皮膚剥離が多いと思っていましたが、

皮膚剥離は正直日常茶飯事なので、あまり気に留めてなかったのです。

しかし実は、空腹に耐え兼ねた今井さんが少しずつ皮膚をはがして、(擦りむいた傷程度の大きさ)

食べていたわけです。

その行為の気味悪さと、皮膚を舐めながら「お腹空いたよーお腹空いたよー」と呟く今井さんが、心底怖かったです。

婦長たちに報告し、さすがに問題になり、

その後今井さんはほかの病院に移され、半年ほどして亡くなったと聞きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました