ほんのりと怖い話 『両手サイズのツルツルした丸い石』

スポンサーリンク

966 :本当にあった怖い名無し:2017/12/22(金) 03:01:43.71 ID:p7s4e+Bm0.net

小学生の頃、家からチャリで30分くらいのとこに山があって、そこでいつも2人の友達と遊んでた。

他に人が来る事もなかったんで、俺たちだけの遊び場だった。

あんまり上には登ったことは無かったけど。

ある時、友達の1人が一緒に遊べない日があった。

俺ともう1人はいつもと違うことをしようってんで、普段の遊び場よりもっと上に登ってみることにしたんだ。

それなりに整備された道からそれほど離れないように登っていくと、

少し木が減って、ゴツゴツした岩が覗いてる斜面があった。

そこには岩に紛れて、両手サイズのツルツルした丸い石がそこら中に転がってた。

俺たち2人はその丸い石を遠くに投げて遊んだ。すげー楽しかった。

その内飽きて山をおりる時に、その丸い石を俺と友達で1つずつ持って帰ろうとしたんだ。

ふもとまで下りてさあ帰ろうという時に、同級生のYがやって来た。

誰も来ない場所と思ってたんで驚いたが、結構仲の良い奴だったんで俺たちは笑顔で声をかけた。

だけどYは俺たちが自転車のかごに入れてた石を見るなり、

物凄い怖い顔で「それ山に戻して来い」って怒りだした。

Yは普段大人っぽくて落ち着いた奴で激しい感情を見せる事なんて無かったんで、俺たちは非常に驚いた。

理由はわからなかったがYが言うならと言う事で(それくらい信頼されてる奴だった)、

俺たちは石を戻して来る事にした。

走って山を登って岩場についたんだが、せっかくの石を持って帰れないのがなんだか悔しくなって、

斜面の岩に思い切り石を投げつけた。友達も同じようにしてた。

石は鈍い音をたてて砕けた。

少しだけスッキリした俺たちはふもとのYのところまで戻り、一緒に家路についた。

Yはずっと怖い顔をしてた。

俺と友人はなんだか気まずくなってしまって、その後山には行かなくなった。

その時いなかったもう1人の友人はずっと行きたがってたけど。

967 :本当にあった怖い名無し:2017/12/22(金) 03:04:23.22 ID:p7s4e+Bm0.net

そんで月日は流れてついこの間。

中学の同窓会があって、そこでYと話す機会があった(俺とYは同中に進学、他2人は別の中学)。

そこでふと思い出して山での事を聞いてみたんだよ。

そしたらYは渋い顔をして、「あったあった。お前ら笑顔であんなことするから怖かった」とか言った。

あんなことってなんだ?ただ丸い石拾ってきただけだろ?とYに言うと、

しばらくびっくりした顔をした後ケラケラ笑い出した。

「なんだ、石拾ったつもりだったのか。アレ、小さいお地蔵さんの頭だったぞ。

 チャリのかご一杯に入れてたから、てっきりお前らが壊して持ってきたんだと思って滅茶苦茶怖かったわ」

あの時のYは、怒ってたんじゃなくてビビってたんだそうだ。

たまたま顔を合わせなかったからお互い気づいてなかったんだが、

山のふもとはYの夕方の散歩ルートで、俺たちの遊び場のすぐ近くだった。

普段人も見かけない散歩道に、

自転車のかご一杯に地蔵の頭を詰め込んで、笑顔で話しかけて来るクラスメイトがいる。

そんなのビビるに決まってる。

「お地蔵さんの顔もさ、普通は笑顔だったり目を閉じて優しい顔だったりするじゃん?

 お前らが拾ってたやつ、半分目を開けてこっちを睨んでるみたいな顔でさ、ホント怖かったわ」

そんな話をしていた所で、その日の同窓会はお開きになった。

俺たちは石を1つずつしか拾っていなくて、かご一杯になんて入れてないって事とか、

何度思い返しても、石はツルツルで地蔵の顔なんて無かったように思うって事とか、

Yには言わなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました