不可解な体験、謎な話 『木目さん』

スポンサーリンク

814 :木目さん1:2009/09/13(日) 20:56:04 ID:82SJIEyu0

昔、うちの便所はボットンだった。

タイルの床に、磨かれた木に囲まれた便所。

屈むと目の前に木目があった。

ちょうど目の高さになる木目、縦に長い木目が並んで二個、その下に真ん丸い木目が一つ。

それがこの話の主人公だ。

ある朝、早く学校に行かないといけないのに、その日に限ってう○こが出ない。

学校の便所でう○こをする=明日からあだ名は『う○こマン』。

それだけは避けたいので、力一杯踏ん張っていると、

『おいおい、大丈夫か?』

?どこからともなく声が聞こえた。

トイレの外で誰か待っているのかと思って、

「ごめん、まだ時間掛かるかも」と言ったが、返事はない。

そんなこと言っている場合じゃない。

もう一回踏ん張ると、

『これ、痔になるぞ』

声は目の前からした。

木目?前から目と口に見えてた木目のコレ?

『落ち着いて踏ん張れ』

木目がしゃべった!?それよりも遅刻、もしくはう○こマンになるのは嫌なので、

木目のアドバイス通り、一呼吸置いて踏ん張った。

すると不思議なくらいスルスルと出てきた。

もう遅刻寸前だったので、とりあえず木目に「ありがとう!」と一声掛けると、尻を拭いて急いで出た。

学校に着いて落ち着いてからよく考えると、この体験が不思議なことだ、と認識した。

学校が終わるとすぐに家に帰り、トイレに入った。

座り込んで木目とにらめっこしたが、木目はうんともすんとも言わない。

寝ぼけていたのかな?

その日は何事もなく、夜、木目がいきなり声を出して怖がらせるようなこともなかった。

815 :木目さん2:2009/09/13(日) 20:57:11 ID:82SJIEyu0

そして何日か経ったある朝。

やっぱりう○こが出なくて踏ん張っていると、また木目がしゃべった。

『また詰まったのか?』

うん、出ない。どうしたらいい?「木目さん」。

いつの間にか自分でも、『木目さん』と呼んでいた。

木目さんは、『落ち着け。ゆっくり息を吸って、息を止めた時に踏ん張るんだ』と優しく教えてくれた。

ちょっとダンディな声だったのを覚えている。

その日から、何回か木目さんと朝話しをすることがあった。

学校のこと、友達のこと、学校のトイレのこと等…

木目さんは優しく『うん、うん』と聞いてくれた。

家族は自分のトイレが長いことに腹を立てていたが、

自分は木目さんと話す貴重な時間を邪魔されたくないので、

ちゃんと朝早く起き、自分で仕度をしてからトイレに篭った。

小学校高学年になり、中学生になる頃には、木目さんとはあまり話をしなくなった。

そして高校生になり、家を新築した。

もちろん便所は水洗で、お洒落な壁紙が貼ってある。

社会人になり、出勤前に便所に入り、ふと木目さんのことを思い出した。

今でもきっと木目さんは、どこかの便所で出なくて困っている子供を、優しく見守っているのかもしれない、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました