不可解な体験、謎な話 『タバコの煙』

スポンサーリンク

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/16 03:55

その時、従兄弟は急ぎの用事で、夜中にタクシーを飛ばしてたんだって。

そしたら、山の中の道で霧に包まれて視界が悪くなり、少しスピードを落として走っていたのだが、

何度も何度も同じ景色を回っていることに、従兄弟とタクシーの運転手の両方が気がついたそう。

で、タクシーはとりあえず道の横に車を止めて、

「お客さん、すいませんが、どうも妙な事になってるようで・・・

 さっきから同じ所を何度も回されるばかりで、全然出られないんですよ」

とタクシーの運転手が嘆く。

途中に分かれ道らしき物は全く無いので、タクシーがインチキしてるわけではないと、従兄弟もわかってたそうです。

で、どうする?って事になって、タクシーの運転手が、

「こういう時は、タバコを吸うと魔が払えるって聞いた事があるんで、一服してもいいですか?」

と言われたので、従兄弟も納得の上で、一緒にタバコをくゆらせたんだそうです。

すると、タバコを吸い終わる頃になって霧が晴れ、道がハッキリ見えるようになってきた。

「今だ!」ってんですぐに車を走らせたら、グルグル巡りから抜け出せたそうです。

タクシーの運転手の話では、時々そういうことがおこるそうで、

タクシー仲間では、『魔』はタバコの煙を嫌うと言われており、

タバコを吸わない運転手でも、タバコを車内に常備してるんだとか。

『魔』ってのは、よくいう『キツネに化かされた』っていうニュアンスらしいです。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/02/16 11:51

『魔』の話、面白い。

鎌倉に住んでて、古老の話なんかで聞いたことあるけど、

「狸に化かされて道に迷った時は、慌てず落ち着いて煙草で一服すると抜けられる」

っていうの、昔からの知恵(?)だったそうだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました