死ぬ程洒落にならない怖い話 『子供の頃の不思議な経験』

スポンサーリンク

254 :ドライもん:03/07/11 03:05

小学校1,2年頃の本当の話。

当時はコロコロコミック全盛期で、今のジャンプ映画みたいに、コロコロコミックの映画が沢山やっていた。

(高橋名人とか、毛利名人のスターソルジャー対決なんてのもあったなぁ)

その人気を反映し、夏休みにもなると、数ヶ月遅れで街の公民館にてアニメ上映会がよくあった。

その夏は確かドラハッパちゃんだった。ドラえもん、ハットリくん、パーマンの夢の競演だ。

当時コロコロ派だったので、見逃すことは許されることではなく、

中学生の姉に頼み込んで、連れて行ってもらうことにした。

公民館は3階建ての屋上付き。その3階の大会場で上映される。

早い時間から行き、一番前の席に陣取った。(近い方がお得だとその時は思っていた)

映画は3部構成なので、途中2回の休憩が入る。

一本目を見終わり、最初の休憩。

閉め切った会場は蒸し風呂のように暑く、売店でジュースが飛ぶように売れる。

姉がジュースを買ってきてくれたので、飲みながら周りを見ていた。

ふと後ろの方をみると、屋上にあがる階段が見える。

その階段を何人かが上がっていくのが見えた。

上に何があるんだろう、そう思っていると次の映画が始まり、映画に夢中になっていった。

255 :ドライもん:03/07/11 03:06

2回目の休憩時間。

後ろの方を見るとまた階段を上っていく人が見える。

『僕も行きたい!!』

そう思って、駆け足で階段の方へ行った。

よくよく階段を上っている人達を見ると、7,8人の虚無僧の様な帽子をかぶったお坊さんだった。

その人達の後に付いていき、階段を上っていくことにした。

階段は20段ほど上ると踊り場になっており、折り返してさらに10段ほどの階段がある。

その先には屋上へ続く鉄の扉があり、虚無僧達はその扉から外へ出て行ってしまった。

僕も後を追い、その扉を開けた。

扉の先にあったのは、広々とした屋上だった。

しかし誰もいなかった。

本当に誰もいない、広々とした屋上だった。

「なぁーんだ、つまんない」

そう思い、引き返すために鉄の扉を開けようとドアノブを回す。

しかし扉は開かなかった。

鍵を掛けられたかのようにびくともしない。

「どうしよう、映画が始まっちゃう」

次の映画はドラハッパちゃん総出演、まさにこれを見ようと思って来ていたのだから堪らない。

256 :ドライもん:03/07/11 03:07

その時キュピーンと閃いた。

そこの柵から飛び降りれば戻れる。

3階建ての屋上から、地上の駐車場へのダイブ。

ナイスなアイディアだと思った。

これしか無いと思った。飛べると思った。

そして柵によじ登り、遙か下に広がる駐車場に、意を決して飛ぼうとした。

その時、バンと鉄の扉が開き、姉が飛び込んできた。

「あんた!なにやってんの!!」

姉の怒鳴る声が聞こえた。

ハッと我に戻った。

凄く怖かった。

だってよく見ると結構高いんですよ。そこから飛び降りたら死ねます。

飛び降りる瞬間、いつまでも戻って来ない自分を姉が探していたのだ。

姉に柵の上から下ろしてもらい、手を繋いで階段を下りていった。

その時、多分俺泣いていたと思う。

飛び降りようとした事よりも、階段を下りている時が凄く怖かったからだ。

だって、階段2段おき位の両端にずらーっとものすごく怖い顔で人がしゃがんで、こっちを睨付けていたからだ。

あんまりこちらを見ているので、姉の知り合いだと思い、

「この人達って、おねーちゃんの友達なの?」って姉に聞いたんだ。

でも姉は「えっ?誰もいないじゃない」って・・・。

結局、すでに第3部は終わっており、ドラハッパちゃんを観ることは出来なかった。

262 :ドライもん:03/07/11 13:43

中学生くらいの話。

夜、自分の部屋で寝ていたところ、誰かが襖を開けて入ってきた。

その音で目が覚めたんだけど、面倒だったので、そのまま目をつぶり寝たふりをしていた。

『きっと親父がなんか捜し物してるんだろうな』って思ってた。

グルグル部屋を回り、ずーっと何か探しているようだった。

『早く出て行ってくれよ、眠たいんだから』と思っていると、俺の横でぴたっと止まった。

じーっと俺を見ている気配を感じた。

すると急に首を絞められ、もの凄く息苦しくなった。

「おい親父なにやってんだよ」

そう言って、乱暴に手を払いのけようと腕を振る。

「ドン、ドン、ドン」

えっ!?

俺の腕に3回、絞めた腕を払いのける感触があったのだ。

「なんで腕が3本あるんだよ」

びっくりして目を開けると誰もいなかった。

夢かと思ったが、襖が開いており、怖いのでさっさと閉めて寝た。

264 :ドライもん:03/07/11 14:05

社会人になりたての頃。

新幹線で、東京-大阪間をよく利用するようになった。

ある日、隣に座った初老の男性が色々話しかけてきてくれた。

人の話を聞くのが好きなので相づちをうっていると、

「子供の頃不思議な経験をなさってますねぇ」と、唐突に言われた。

なんのことかさっぱり分からなかった。

なんで俺の子供時代のことを知ってるんだ?自称霊能力者か?

今でもそうだが、心霊の類は全く信じていなかった。

急にこの男性を胡散臭く思った。

しかし、子供の頃に起こった不思議な出来事を色々思い出したのだ。

>>254や>>262、その他色々なことを思い出し始めた。

そんな事を会ったばかりの人に話すのも変なのだが、つい喋ってしまった。

「きっと、ご先祖さんが守って下さっているのでしょう」

そんな事を言われたような気がする。

今も心霊やオカルト的なことは信じていない。

むしろ否定派かもしれない。

しかし、あの初老の男性との出会いが、その後の価値観を変えてしまったような気がする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました