後味の悪い話 『疲れた顔の小学生』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

878 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 02:59:45 ID:VjycxRUy0

昔見たテレビ番組。

肢体不自由の妻と、内臓に障害があり半分寝たきりで聾唖者の夫が、アパートで暮らしている。

夫婦には女の子が一人いる。

小学校低学年のその女の子は、両親の朝ごはんを作って学校に行く。

学校帰りに買い物をして、家に帰ってきて洗濯をして晩御飯を作り、後片付けをする。

夫婦は『障害があっても他人の手をかりずに自活する』というポリシーで生活している。

障害者への金銭的な手当ては受けとるが、

ヘルパーなど、自分たちの身の回りの世話をする人がアパートに来る事は拒んでいる。

親戚中から結婚を反対されたのを押し切って結婚したので、身内からは絶縁状態。

誰もまともに掃除する人のいないアパートの部屋は、かなり乱雑な状態。

「私たちは障害がありますが、誰にも迷惑をかけていません。

 働けないからお金は受け取っていますが、贅沢はしていません」

というのが夫妻の主張。

その妻が妊娠。二人目の子供が生まれることになった。

「この子が何でもしてくれるから安心。

 きっと生まれた赤ちゃんも、この子がきちんと面倒見てくれる。

 私たちはこの子がいるから安心。

 この子も兄弟ができたらきっと楽しいと思う。

 後は掃除が上手になってくれればいいんだけど。

 部屋、汚いでしょ。この子、その辺がまだちょっとね」

笑顔で話すお母さんの横で、洗濯物を黙って畳んでいる疲れた顔の小学生の娘。

子供を産むなとは言わないけれど…見終わって、なんともいえない気持ちになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました