死ぬ程洒落にならない怖い話 『終戦直後の広島』

スポンサーリンク

618 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/06/21(火) 16:35:46.21 ID:LdtJZU6/0.net

祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。

第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、

生まれつき足の向きがおかしくて、歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかったようで、

徴兵は免れて、広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。

戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄だったらしい。

余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。

場所がよかったようで被爆を逃れていた祖父は、破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい。

(はだしのゲンに似たような話があったから知らない人は読んでみてくれ)

その頃の話なんだけど、祖父はよく影が無い人を見たって言ってた。

夕方に一人で荷物を引いてるときとか、昼間とか時間を問わず。

当時の広島は、被爆者の影が路面や壁に写りこんだ話がよく話されていたから、

祖父は、被爆して影を置き忘れて死んだ人たちなんだと思ったそう。

やけに青白い顔をしてぼんやり立っているその人たちは、本当に生きているみたいだったらしい。

というより、町のど真ん中で昼間から何もしないで立ち尽くしていてもなんの疑問も持たれない程、

食べ物も働く術ももたない生きた人間が多かったので、影の有無位でしか生きてるか死んでるか分らなかったらしい。

往生の間際まであの時代はとてもこの世ではなかったと話していた、祖父の話の中で一番怖かった話。

祖父の三回忌なので投下した、長文すまん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました