死ぬ程洒落にならない怖い話 『お父さんの背広』

スポンサーリンク

276 :1/2:2010/08/14(土) 15:50:31 ID:1sqOXHD40

堀井雄二がドラクエでブレイクする以前、雑誌のコラムで書いてた知り合いの子の話。

(桃鉄以前のさくまさんだったかも?まあどっちでもよろし)

彼女(仮にAちゃんとする)が住んでいた家の玄関はガラスの格子戸で、

腰掛けて靴を脱ぐところ、上がりかまちっていうの?そのすぐ後ろにもすりガラスの引き戸がはまってた。

だからAちゃんのお父さんが「ただいまー」と帰ってきて靴をぬぐと、その影がすりガラスごしに見える。

お母さんは廊下に顔を出して、その大きなシルエットに「お帰りなさーい」と声をかけるのが、

いつもの光景だった。

だけど、Aちゃんが6年生のとき、お父さんは家で突然倒れて、

そのまま運ばれた先の病院で亡くなってしまった。

前ぶれもなく伴侶を失ったお母さんの悲しみようは深かった。

玄関のコート掛けには、倒れる前日、

会社から帰ってきたお父さんがハンガーにかけた背広が、そのままになっていた。

いや、お母さんがそのままにしていたのだ。

まるでそうしていれば、ひょっこりお父さんが帰ってくるとでもいうように。

Aちゃんにもその気持ちはよくわかった。

だけど、三ヶ月ほどたったある夕方、

背広を見ているうちに、ちょっとイタズラしてやろうという気持ちがわいてきた。

いつまでも泣いてちゃダメだよお母さん、お父さんだって浮かばれないよ、という思いもあったのだろう。

277 :2/2:2010/08/14(土) 15:51:18 ID:1sqOXHD40

お父さんの背広をそっとはおって、格子戸をわざと大きな音をさせて開ける。

すぐさま上がりかまちに腰かけて、靴を脱ぐしぐさ。

背広はブカブカだったけれど、

夕陽に照らされてすりガラスに映った影は、お父さんのように大きく見えているはず…

「はーい、どちら様で…」 

お母さんが息を呑む気配がした。

「…あなた…なの?」

その瞬間、Aちゃんの胸に後悔の念がおしよせた。

その声は『お母さん』ではなく、『夫に呼びかける妻』のものだったから。

ちょっとからかうつもりだったのに、心の底からお父さんが帰ってきたと信じてる。

ごめん!お母さん!ほんとはアタシだよ!

あわててそう言ったつもりだった。

でも、口から出た言葉はちがった。

太い男の声で、

「ただいま…」

コメント

タイトルとURLをコピーしました